中学生の身長を伸ばす方法

成長期にも関わらず身長が伸びずに悩んでいる方
中学生になると、勉強や部活などで充実した日々を過ごすことになります。
周囲にいるクラスメートなどに対しても異性などを意識し始める場合もあります。
身長なども成長期のため、急に身長が伸び始める方もいます。
高校生になってから成長するケースもあります。
ですが、成長期にも関わらず身長が伸びずに悩んでいる方もいるでしょう。
そこで、身長を伸ばす方法をまとめました。

原因としては、遺伝によるものも考えられますが、それ以外にもさまざまな原因があります。
伸びない原因を把握しできることなら、原因を改善していくことも大切です。

子供の背が伸びないと心配されているご両親へ

子供の背が伸びない 中学生

子供の身長が中学生になってもなかなか伸びないということで、親もちょっと心配になってしまうことがあります。
ですが、あまり過度に心配しすぎると、子供も多感な時期であり、親の心配がストレスになることもあります。

ストレスは、溜まってしまうと体にとっては悪影響になりますので、少なからず成長期である子供にとっては影響がでることもあるでしょう。
そのため、身長が伸びないことに対して、あまり過度な心配をしたり、子供に心無い一言などをかけたりしないようにすることも必要です。

親が不安な気持ちになったり、親から身長など身体的なことで指摘されたりすると、子供の心にかなりの影響を与えてしまうこともあります。

中学生の身長を伸ばす方法
チェック:睡眠は足りているか

子供の身長が伸びない原因の一つとして睡眠がしっかりと取れていない可能性などをチェックしてみる必要があります。
睡眠は、一日の疲れを取るためには必要なことです。

ですが、近年では、子供でも夜更かしをして、不規則な生活をしている傾向がある場合には、睡眠がきちんと取れていないという可能性があります。
睡眠をしっかりと取ることで成長ホルモンの分泌を促すことにもなります。
成長ホルモンは身長を伸ばすには重要なホルモンであるため、できるだけ分泌を促せるように、質のよい睡眠を取ることは大切です。

チェック:運動不足になっていないか

運動をすることも大切です。
運動を日頃しないという方は、健康面においてもやや問題になることがあります。
子供でも同じことがいえるでしょう。
また、健康面に問題があるという場合には、体の機能などに対していい影響を与えません。

これも身長が伸びない原因につながることもあります。
中学生ならば、学校の授業などでも運動をする機会はありますが、運動部などに所属していない場合には、運動不足の状態になりがちです。

休日などに外出し、スポーツを楽しんだりする習慣などがあればいいですが、自宅で過ごすことが多い場合には、慢性的な運動不足になることも多く、筋力、体力の低下、それ以外にも体にとってさまざまな悪影響を及ぼすことがあります。
身長を伸ばしたいと考えるならば、運動をする習慣を身に着けるということも大切なことです。
ジャンプをするスポーツが効果的という意見もありますが、ストレッチなども効果的ですので、小まめに身体を動かす習慣に持っていきましょう。

チェック:バランスのよい食生活ができているか

子供の身長を伸ばすには、栄養不足にならないようにすることも重要なポイントといえます。
日々の食生活をチェックして、バランスのよい食生活ができているか、好き嫌いなどが激しく偏食をしていないかなど、親がチェックしてみることです。

食事は、体にとって必要な栄養を補うためには必要なことです。
また、身長を伸ばすためにも栄養不足の状態では、悪影響となるかのせいもあるため、食生活に関してもしっかりとチェックしてみることです。

親がする努力

中学生 背を伸ばす方法

子供の身長を伸ばすために、親が日々、心がけていくこととしては、まず、親自身の規則正しい生活です。
親の生活が乱れている場合には、子供などもそれに合わせて行動することもあります。

たとえば、食事に関しても仕事などがあり、夜遅く帰宅してから夕食を食べたり、食事の時間帯などがずれることで、生活リズムが乱れます。
夜、寝る時間などもずれてきてしまうと、子供も同じ状況になることがあり、成長期の時期にそのような生活リズムが乱れてしまうような状況は避けるべきです。

仕事などで忙しいかもしれませんが、できるだけ、生活リズムを乱さないようにすること、食事などの時間を極力安定させていくことを心がけていきましょう。
ストレスもまた成長に関係があるといわれています。
父親と母親の仲がうまくいかなかったり、学校でのトラブルがあると思春期の子供が受けるストレスは大きいものです。

また、食事に関してもバランスよく栄養が取れるように食生活なども改善していくことが大切です。
子供にとって必要な栄養が偏らないように、自炊をしてできるだけバランスのよい食事をすることが大切です。

子供がする努力

成長期 身長が伸びない

子供が身長を伸ばすためにしなければならない努力としては、睡眠をしっかりと取り、積極的に運動をすること、食事は好き嫌いをせずに栄養バランスのいい食事をすることなどが大切です。

また、ストレスをあまり溜め込まないように、気分転換をするというのも重要なことです。
学校生活においては、楽しいこともありますが、ストレスが溜まることもあるでしょう。
ですが、悩みすぎたり、過度にストレスが溜まるような生活状況は子供の成長にとって悪影響となる可能性があります。

できるだけストレスを溜め込まないように、悩みを相談する相手をみつけ、悩みを打ち明けたり、友人同士で遊びにでかけて気晴らしをしてストレスを適度に発散することも必要です。

中学生の平均身長と身長:身長を伸ばすために知っておこう!

中学生の平均身長と身長

男子などは出来るなら少しでも身長を伸ばしたい(せめて平均身長はクリアしたい)という思いを強く抱く時期です。
「背が低い」ということが、コンプレックスとなり悩んでいる子供も多くいます。

身長が伸びない理由

身長が伸びない理由には、遺伝的な要素も多少は関係しています。
が、それ以上に、乱れた生活習慣や食生活、運動不足によるものが大きいのです。
昔からよく言われているのは牛乳をたくさん飲むという方法。
身長の高い芸能人やスポーツ選手なども牛乳を飲んでいたことを公言している人は多いようです。

中学生男女の平均身長

(参考:厚生労働省)

【男子】


中1152.6cm
中2159.8cm
中3165.1cm


中学生総合男子平均身長 159.2cm

【女子】


中1151.8cm
中2154.9cm
中3156.5cm


中学生総合女子平均身長 154.4cm

推移としては平成に入ってからは、身長の伸びはほぼ横這い状態とも言えます。
しかし世界的に見ると人種による骨格等の問題もありますが、どちらかというと日本人の身長の伸びは下の方になります。

中学生の身長が伸びない理由

身長が伸びない理由

睡眠不足

身長を伸ばす方法として
重要なことは成長ホルモンを最大限に分泌させるということです。

この成長ホルモンというのは睡眠中に最もたくさん分泌されます。
夜10時から深夜2時までの4時間の間がピークです。
この時間帯には毎日しっかりと眠ることが少しでも身長を伸ばすより確実な方法ともいえます。

昔は深夜ラジオや漫画などで夜更かしする子供が多かったものですが、現代はタブレット端末やスマホなどの普及により、夜遅くまでゲームやアプリ、SNSなどを楽しみ夜更かしすることにより、睡眠不足になりやすい子供が増えています。
身長が伸びる要因となる、「成長ホルモン」。
そうこの「成長ホルモン」は寝ているときに、一番分泌されやすいのです。
ところが睡眠時間が少ないことで、この分泌を妨げているのです。

理想的な睡眠時間は7時間から8時間ほど必要です。
遅くても夜の9時から10時ごろには寝るようにしましょう。

運動不足

また、最近ではゲームなどの普及により家で遊ぶ子が多く外で遊ぶ子が少なくなってきています。
身体を積極的に動かすことが少なくなり、運動不足になりがちです。
ストレッチやエクササイズなどなんでも良いので、運動不足ぎみな子好きな運動をみつけることです。

栄養不足

食事の面でも、背が伸びる栄養素として以下のものがあります。
身長が伸びる栄養素を豊富にとりながら、バランスの良い食事をとることです。
子供には、好き嫌いなく食事させることが大切です。

【おすすめ食材】

  • お馴染みのカルシウム
  • 鳥のささ身などのたんぱく質
  • 木綿豆腐
  • アーモンドなどのマグネシウム
  • 牡蠣やホタテなどの亜鉛

基本は、よく食べて、よく身体を動かし、よく寝るというこの三点に気を付けて生活することが大切になります。

中学生の身長を伸ばす方法:カルシウムが良いというのはホント?

カルシウムが良いというのはホント?

子供の成長期に必要な栄養素というのはとてもたくさんありますが、中でもカルシウムは欠かせません。
丈夫な骨を作るのにも大事ですし、それは身長の発育にも影響するでしょう。
カルシウムはにぼしや牛乳、野菜であれば小松菜などに含まれます。

カルシウムが足りないと成長だけでなくイライラなどの精神的ストレスにつながることも多いものです。
そういった精神的ストレスを少なくするためにも適量を摂取していくと良いです。
強い骨を作ることは運動能力を衰えさせないようにするためにも必要です。

カルシウムが豊富な食材は子供が苦手なものが多い

けれどもそれらが苦手な子供も多く、摂取させるのに大変だという親も多いものです。
また、アレルギーがある子供であれば牛乳などの乳製品が摂取できないこともあります。
そうなるとカルシウムを多く摂取するのが困難になってしまいます。

成長期の子供のためのサプリメント

 

のびのびスムージー

のびのびスムージー

成長期のお子さんのぐんぐん伸び盛りをサポートする栄養がたっぷり入った成長期サポートスムージーです。

野菜不足も解消できると評判!!

>>公式サイトはこちら

セノビック

セノビック

成長期応援飲料 成長期の骨を研究して生まれたセノビック。

すくすく、しっかり!カルシウムを上手にとる習慣はじめませんか?

>>公式サイトはこちら

カラダアルファ(α)

カラダアルファ(α)

気になる身長・記憶力・スポーツ疲労・偏食・野菜不足などの悩みがある成長期10代専門サプリメントです。

開発期間7年。ジュニア・ユースによる長年の実地検証の末、製品化。

3度の食事では摂りきれない栄養成分を目的に合わせてサポートと人気!!

 

>>公式サイトはこちら


そこで注目されるのがサプリメントです。

成長期の子供にサプリメントを与えるのは苦手に感じる親も多いかもしれません。
しかし成長期でも足りない成分や補わなければいけない成分があるのであれば、サプリメントをうまく活用して行っても良いでしょう。

おやつ感覚で子供が飲みやすいサプリ

子供でも簡単に飲めるように錠剤タイプ・ラムネタイプになっているものも多いです。
子供が飲みやすいサプリを選んで、おやつ感覚で適量を与えるようにしても良いです。

→おやつ感覚で栄養補給

勉強に集中できない娘に飲ませてみたサプリ

背を伸ばすサプリもう中学生になったというのにまったく集中して机に向かうことができず、テスト前に勉強を始めてもすぐに他のことが気になりだしてしまう娘が心配になり、少しでも集中力をつけさせたいとコドミンを飲ませてみることにしました。

娘は何の抵抗もなくお菓子のようだと飲んでくれましたし、飲み始めてからは少しずつ普段から机に向かうことができるようになり、テスト前にも落ち着いて勉強できるようになってきました。

テストの点数が上がったことで娘本人も自分に自信が持てるようになったようで安心しました。

▲ページトップに戻る