生活環境が子供の身長を左右します。

身長と遺伝と生活環境

身長と遺伝と生活環境

 

最終的な身長は思春期の到来によって決まります。
思春期に入ると男子で20〜25センチ、女子で10〜17センチ伸びるのが一般的です。
身長への遺伝の影響は約25%で、あとは生活環境が大きく関わります。

 

 

双子も生活環境で身長の差が出る

 

成長期の一卵性双生児の兄弟が家庭の事情で別々に暮らさなければならかった例を見てみましょう。
兄は両親から離され、弟は親元で育ちました。
成長に重要といわれる「栄養」「睡眠」「運動」の三原則は同じように足りていました。
ただ一つ、「両親の愛情」、これが離れて育った兄には足りない状況でした。

 

たった2年親元から離れていただけですが、親の愛情を充分に受けられない兄はこのことがストレスになっていたのでしょう。
成長ホルモンの分泌が悪くなっていたようです。


睡眠・食事・運動

睡眠・食事・運動

 

思春期は子供の体から大人の体へ移行する時期です。
ホルモンの分泌が活発化し、男子はひげや体毛が濃くなり声変わりをします。
女子は胸が膨らみ始め生理が始まります。
このような思春期が始まる時の身長が最終身長を決めることになります。

 

 

身長を少しでも高くするには

 

身長を少しでも高くするには睡眠・食事・運動の質が大きく影響します。
それは、身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌が欠かせないからです。

 

 

成長ホルモンは寝ている間に分泌される

 

成長ホルモンは寝ている間に大きく分泌されるものです。
ですから、深く眠る良質睡眠が重要です。
夜更かしや浅い睡眠は思うように成長ホルモンの分泌が行われないのです。

 

 

食事の栄養バランスに気を配りましょう

 

また、カルシウムビタミン、アミノ酸などの栄養素は骨をつくる大切なものです。
食事の栄養バランスはこの時期に特に気にかける必要があります。

 

>>栄養補助食品を使うのもおすすめ<<

 

そして、運動後にも成長ホルモンの分泌は活発になります。
しっかりと運動をし、体内循環を促進することで新陳代謝率が上がり、成長ホルモンを分泌させる効果につながるのです。
このように、生活習慣を整えて成長をサポートしていくことが大切です。