家庭環境と子供の身長:家庭環境が悪いと子供は早く大人になろうとする

家庭環境と子供の身長:家庭環境が悪いと子供は早く大人になろうとする

人はみな、子供から大人への階段を上ります。
少しずつ成長していき、やがて自分1人で生きていく力を身につけます。
けれど、世の中には早く大人になろうとする子供がいます。
その原因は、家庭環境です。

親の愛情

この世界には、親の愛を受けずに劣悪な環境で生活する人がたくさんいます。
生き残る術は、早く自立することだけです。
大人のように強くなれば、苦しい生活を生きていけないため、無意識に身体が早く成人してしまうのです。
家庭環境と子供の身長

家庭環境と子供の身長

日本でも、このような子供が少なからず存在します。
両親の喧嘩が絶えず、離婚問題にまで発展することがある家庭。
そんな親の醜態を子供に見せれば、嫌でも自分にも関係していると察知します。
過度のストレスは、子供の成長を妨げます。

家庭環境悪化が低身長を招くことも

家庭環境悪化が低身長を招くという説もあり、精神的余裕がなくなるとホルモンの分泌が困難になります。
背が低いのは、その要因も1枚噛んでいるのかもしれないです。
早く大人になろうとする考えは、悪くはないです。
しかし、大人になろうとするあまり子供のころ満たされなかった欲求が爆発します。
うつ病者のほとんどは、愛を知らない人たちです。
子供は親を選べない、だからこそ大人は親という義務を全うする必要があります。

▲ページトップに戻る