成長ホルモンは睡眠中に最も分泌される

成長ホルモンは睡眠中に分泌される

質の良い睡眠を得るには

 

重要なことは成長ホルモンを最大限に分泌させるということです。

 

この成長ホルモンというのは睡眠中に最もたくさん分泌されます。
夜10時から深夜2時までの4時間の間がピークです。
この時間帯には毎日しっかりと眠ることが少しでも身長を伸ばすより確実な方法ともいえます。


質の良い睡眠を得るには

質の良い睡眠を得るには

 

朝、太陽の光を30分〜1時間ほど浴びる

 

朝に太陽の光を浴びて、光が脳に刺激をあたえ、体内時計がリセットしましょう。
1日は24時間ですが、人間の体内時計は25時間とずれがあるので、光でリセットします。

 

布団に入る3時間前には何も食べない

 

胃の中に食物が停滞していると熟睡できません。
成長ホルモンは空腹時に多く分泌されるので空腹状態での睡眠を心がけましょう。

 

 

眠る前はリラックスした状態にする

 

テレビやゲームなど、目と脳に強い刺激を与えると、頭と体が睡眠モードになりません。
眠る30分前には入浴や軽いストレッチ、ゆっくりした音楽を聴いたりリラックスしましょう。

 

 

寝具や寝室の工夫

 

明るいと覚醒しますので、照明を徐々に暗くして「寝るぞ」という指令を脳に与えるのもおすすめ。
寝つきが悪い場合は、枕の高さを工夫してみましょう。
ダニがいて眠れないケースもあるので布団は定期的に干すこと。